WACATEとは

WACATEは「Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers」の略で、「内に秘めた可能性を持つテストエンジニアたちを加速させるためのワークショップ」という意味です。

その名のとおり「若手でテストに興味がある者」を主な対象とし、夏と冬、年二回開催しています。

一泊二日泊りがけで、様々なセッションやワークショップに参加し、参加者との交流を深めることで成長します。

 

若手の定義 

WACATEでは若手の定義を「大学卒業からおおむね10年程度」とし、以下のようにしています。

    • WACATEでは 35歳以下 を若手とする
    • テスト初心者=若手 ではない

テストの経験が少なくても業務の経験が長ければ、それはベテランでしょう。それはすでに様々な経験を積み、判断力や分析力、実行力などを身に着けている(はずだ)からです。テスト初心者の部長職の方がいたとして、それは若手ではない、ということですね。

 

WACATEの開催目的/意義

WACATEでは以下を目的/意義としています。

  • 若手による若手のための主体的活動

ベテランの指示の元業務を行う若手が主体的に活動することで、職場では得られにくい様々な経験を積みます。

  • 広い視野の獲得

二日間のセッションやワークショップ、参加者とのディスカッションを通して、広い視野を獲得します。

  • 若手世代の交流

若手同士の交流を促進することで、"仲間"や"同士"を見つけます。

  • 若手とベテランのフラットな交流の場の提供

同じ土俵で、同じ目線で語り合うことで、若手とベテラン間の交流も促進します。若手はベテランからの技術継承を、ベテランは若手がどう考えているのかなど新たな気付きを得ます。

  • エンジニアとしての元気を得る

モチベーションの高い参加者に囲まれることで、自分のモチベーションを高めるなど、エンジニアとしての元気を得ます。

 

WACATE実行委員

若手を主体とした、WACATEの運営のための活動をボランティアで行います。日々の打ち合わせやコンテンツの作成、当日の運営など、全てを手弁当(自腹)で活動しています。また、実行委員といえども当日は規定の合宿費を支払って参加します。

 

WACATEのコンセプト

若手が主役!

WACATEの主役はあくまでも35歳以下の若手エンジニアです。

参加されるベテラン(36歳以上)の方は若手に対し、配慮をお願いします。また、テスト初心者=若手ではありません。それから、くれぐれも、ベテラン風を吹かすのはNGです。フラットな交流を行いましょう。

 

セミナーではなく大規模勉強会

WACATEは有料セミナーではなく、「有志による大規模勉強会」という位置づけにあります。従って、お金を支払って教えてもらうという受身の態度ではなく、自ら参加し学ぶという態度が求められます。

 

参加者、講師、実行委員それぞれが学び成長する場

全ての参加者がそれぞれの立場で成長する場です。

参加者

様々な情報に触れ、演習で体験し、参加者同士で議論することで成長します

講師

セッション講師として、事前準備、発表練習、当日の発表を通して成長します

実行委員

WACATEの運営のための準備や当日の運営を通して成長します

若手がそれぞれに取り組むため、慣れていない人はバタバタしたり、失敗したり、うまくできないかもしれません。でも失敗したっていいじゃない、最初は誰でも上手くできないんですから。(^-^

前向きにチャレンジしましょう!

#経験少ない若手が取り組むため、ベテランや高スキル者には物足りなく感じることもあるかもしれません。しかしながら、普段このような経験を得られない若手に対して、チャレンジする場を提供するというWACATEの意義から「温かい目で応援」してください。 

 

実行委員になってみませんか?

実行委員になるための条件

何回かWACATEに参加し、実行委員として更なる成長をしたい!というやる気にあふれている方、是非一緒にWACATEという場を作っていきましょう! 参加したいという方はお近くの実行委員にお声掛けください。是非一緒に活動しませんか?

  • WACATE夏、およびWACATE冬に最低一回は参加している方
  • 受身ではなく、積極的に取り組んでいただける方

WACATEを有る程度知っており、なおかつ、チャレンジ精神にあふれる方をお待ちしております!

 

得られる価値

実行委員として得られる価値は以下のようなものがあります。

  • イベントを運営する側としてのノウハウが得られる
  • 司会や発表の場を得られる
  • 他の実行委員や外部講師との交流が深まる

実行委員になるということは、いわゆるWACATEというプロジェクトのメンバになることです。プロジェクトの運営を通した生の経験がきっと職場でも役に立つことでしょう。

 

注意点

実行委員になるにあたり、以下のようなことに注意していただく必要があります。

  • 活動は基本的にはMLをメインに行いますが、定期的に実行委員会会議を行います(会議は平日の定時時間外や休日に行います)
  • 実行委員会活動に関する諸経費や当日の参加費は自己負担です
  • 様々な情報を扱うため、その取り扱い等に十分気をつけていただきます
  • 営業目的の参加は固くお断りします

 

実行委員になるには

お近くの実行委員に直接意思表示を行ってください! 

 

 

wacate2008s-1.jpg

 

wacate2008s-2.jpg

 

wacate2008s-3.jpg

 

 

訪問数カウンタアクセス
WACATE
過去のWACATE
WACATE2016 夏
「~走りきるテスト設計~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2015 冬
「~1年の計はWACATEにあり、2016年テスト始め~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2015 夏
「~ワタシハソフトウェアテストチョットデキル~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2014 冬
「~テスト始めました~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2014 夏
「~理解・分解・再構築~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2013 冬
「~それにしても、テストは広大だわ~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2013 夏
「~そのテスト、再考~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2012 冬
於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2012 夏
「~禁則にときめけ!無則にひらめけ!~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2011 冬
「~咲かせてみせようテスト道~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2011 夏
「~誰がためにレポートはある~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2010 冬
「~温故知新~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE2010 夏
「~見たい!見せたい!!伝えたい!!!~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE 2009 冬
「~基礎・おぼえていますか~」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE 2009 夏
「はじめてみようテストレビュー」於 マホロバ・マインズ三浦(三浦)
WACATE 2008 冬
「自分が変われば、世界が変わる」於 水月ホテル鴎外荘(上野)
WACATE 2008 夏
「どっぷりつかろうテスト設計」於 自然休養村 山渓(あきる野)
WACATE 2007
「僕たちは加速していく」於 水月ホテル鴎外荘(上野)