WACATE2022夏 閉幕

WACATE2022夏の6月18日(土)、6月25日(土)の2日で開催しました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

WACATEとは

Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers:内に秘めた可能性を持つテストエンジニアたちを加速させるためのワークショップ

目的

名前のとおり、「若手でテストに興味がある者」を主な対象とし、夏と冬、年に2回開催しています。1泊2日の泊りがけで、様々なセッションやワークショップに参加し、参加者との交流を深めることで成長していただくことを目指しております。

「若手」

WACATEでは「若手」を、テストに関する業務経験を問わず「35歳以下」と定義しています。自身や相手の業務経験の長さなどは一切気にせず、若手同士で2日間、テスト技術について徹底的に考え、議論を交わし、気づきを得ていただきます。

実行委員

若手を主体とした、WACATEの運営のための活動をボランティアで行います。日々の打ち合わせやコンテンツの作成、当日の運営など、全てを手弁当(自腹)で活動しています。また、実行委員といえども当日は規定の合宿費を支払って参加します。

コンセプト

以下の3つのコンセプトをご理解いただいた上で、WACATEへご参加ください。

最新の記事

最近の実行委員ブログの記事です。

WACATE前日ですが、準備はできていますか?


WACATE 2022 夏の1日目前日となりました。

今回の参加者には、先週土曜日に「WACATE 2022 夏 ご準備の依頼」というタイトルで、参加申し込み時のGmailアドレス宛にメールをお送りしております。

そこでは、今回使うSlackとGoogleドライブのご案内をしております。

まだSlackに入られていない方は、明日の開始前(9:30頃まで)にはSlackに入ってくださると助かります!
(ちゃんとメールが届いているのかな?本当にWACATEに参加できるのかな?と実行委員一同ヒヤヒヤしております…w)

また、自己紹介ボードも用意しておりますので、Slackに入られましたら、全体連絡のチャンネルに書かれている案内に従って自己紹介ボードの記入もお願いします。