WACATE2019 夏 〜納期半端ないって!〜


 
主催
WACATE実行委員会

 
協賛
NPO法人 ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)

 
日時
2019年6月15日(土)10:00 (受付開始 9:30) ~ 2019年6月16日(日) 16:30

 
定員
60名(定員となり次第、受付終了となります)

 
合宿費
35歳以下 :¥24,000
36歳以上 :¥27,000
※ 宿泊費、宴会費、食費、会場費、印刷費、その他運営にかかる事務費含む(キャンセル不可)
合宿費は開催当日受付にて、現金でお支払いください。引き換えに領収書を発行いたします。

 
会場
マホロバ・マインズ三浦・別館
神奈川・京浜急行三浦海岸駅 徒歩約5分
http://www.maholova-minds.com/

 
 この度「WACATE2019 夏」の開催が決定いたしました!夏のWACATEは、ひとつのテーマを「狭く深く」集中的に取り組むことをコンセプトにしています。今回はテスト計画から分析・設計、そしてテスト実行・レポートまでの一連のテストプロセスをすべて体感していただけるプログラムをご用意しました。普段の業務ではなかなかテストプロセス全体に触れる機会がない、という方はぜひご参加ください!
今回は、限られたリソース・納期といった制約の中で、いかにテストの価値を引き出すか、ということを主軸に各セッションを作りこんでいます。何のためにテストをするのか、いつ誰がテストをするのか、どうやってテストをするのか、といった観点を身につけていただけると幸いです。
なおテスト設計やテスト実装を行うための個々のテスト設計技法は今回は詳細には扱いません。技法を使わなくても先に進めるように各セッションは設定してあります。ただし、知っていればより深い議論ができるようになりますので、ぜひ予習をしてきてください。
予習、と聞くと途端にハードルが高くなるように感じるかもしれませんが、本ワークショップは”WACATE”で、若手の皆さんを主役としています。「自分が行ってもいいのか不安…」というかたも、お気軽にお申し込みください。ただし 1点だけ、受け身の姿勢ではなく、学習するぞ!という心意気をお持ち込みください。
招待講演には、今年の JaSST’19 Tokyo において実行委員長を務められた、中野 直樹様にご講演をいただく予定となっております。その他、モーニングセッションでは SeleniumConf Tokyo 2019 の参加レポートのお届けいたします。
みなさまのご参加を、お待ちしております。
 

 

プログラム  ※ セッション詳細・全スケジュールはこちらからご確認ください

1日目

10:00 – 10:20 オープニングセッション 風間 裕也
(WACATE実行委員会)
10:20 – 11:35 ポジションペーパーセッション 常盤 香央里
(WACATE実行委員会)
11:35 – 12:05 BPPセッション ≪WACATE2018 冬 BPP受賞者≫様
13:05 – 14:05 テストの組み立て方 中村 仰志
(WACATE実行委員会)
14:05 – 17:00 [ワーク]テスト計画・テスト設計 角田 俊
(WACATE実行委員会)
18:50~20:55 ディナーセッション (WACATE実行委員会)
21:20~23:00 夜の分科会 (WACATE実行委員会)

2日目

9:00 – 9:30 モーニングセッション:SeleniumConf Tokyo 2019 参加レポート 越中谷 郁美(WACATE実行委員会)
9:30 – 10:30 [ワーク] テスト実行準備・テスト実行 藤原 洋平(WACATE実行委員会)
10:40 – 11:40 ワーク結果分析 朱峰 錦司(WACATE実行委員会)
12:40 – 13:45 ワーク成果発表・講評 並木 正典(WACATE実行委員会)
14:20 – 15:50 招待講演:≪タイトル調整中≫ 中野 直樹 様
16:00 – 16:30 クロージングセッション 藤原 洋平(WACATE実行委員会)